平成31度 学校経営の概要

 平成31年度 東山小グランドデザイン

 

 

1.基本方針  

 憲法、教育基本法の精神に立脚し、「人が学び 人が生きる 地域づくり」及び~ まなびあい た かめあい ささえあう 四万十市の子ども達の育成 ~という四万十市教育行政方針の基本目標並び に学校教育の目標に従い、本校のよき伝統と輝かしい先人の業績を継承し、児童や地域の実態、保 護者の教育的要請をふまえ、変化の激しい社会に主体的に対応していける、知・徳・体の調和のと れた「生きる力」を身につけた児童の育成をめざす。
 
2.学校教育目標 

「 豊かで・かしこく・たくましく 」 

・豊かな心をもち、仲良く助け合う子ども ・・・・・・(徳) 

・自ら学び、確かな学力を身につけた子ども ・・・・・(知) 

・元気な体を育み、最後まで頑張る子ども ・・・・・・(体)
 
3.めざす児童像

(ひ)人を大切にする子    

 (が)学習に励む子    

  (し)しっかり生活できる子    

   (や)やさしく思いやりのある子    

    (ま)まじめに頑張る子
 
4.めざす教師像

・ 子ども理解に努め個々の力を伸ばせる教師    ・ 大きい心できめ細かい実践のできる教師   

・ 心を開き常に明るい場をつくる教師       ・ 教育に情熱を持ち、絶えず努力する教師     

・ 教室(集会場所)で子どもを待てる教師
 
5.めざす学校像   

① 学校が機能する組織体として、教職員一人ひとりが「教師力」を身に付け、子ども達が楽しく安心して学校生活を過ごし、保護者・地域に信頼される学校経営・教育風土の創造。   

② 豊かな心・確かな学力・生きる力の調和と内面のたくましさを兼ね備え、主体的に対応して いける児童の育成。    

③ 楽しい(明るい挨拶、笑顔のある)学校、活力のある(元気で意欲のある)学校、けじめの ある(自分で考え行動できる)学校、美しい(花と緑に囲まれ、掃除のいきとどいた)学校。                                                                                                          

6.学校経営の基本方針

【チーム学校の構築】

○教育者としての使命感を自覚し、誠意と情熱をもって教育を行う。

○心身ともに健康で、人間性豊かな児童の育成を目指す教育活動を進める。

○生きる力の醸成と学力の向上を目指した教育実践に努める。

【厳しい環境にある子どもたちへの支援】

○人権尊重の精神を基調とした人権教育の実践に努める。

〇関係機関と密接に連携し、厳しい環境にある児童への支援を行う。

【地域との連携・協働】

○地域の人材やふるさとの教育的資源を活用した特色ある学校づくりを目指す。

○保護者、地域と密接に連携・協働を図り、信頼に応える教育を行う。
 
 
7.学校経営の重点目標・指導の方策 

(1)基礎学力の定着と学力の向上              

  • 東山小授業スタンダードを意識した授業の工夫・改善に努める。    
  • 学習のルールを確実に実行し、学習マナーの整った環境づくりを徹底する。     
  • 校内研究の柱を外国語活動とし、研究主題を「主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業づくり」とし、副 題を~友だちと関わり、コミュニケーションの楽しさを体験する外国語活動~とし、授業実践研究を中心として推進していく。      
  • 帯びタイム(漢字・計算)や朝読書の充実を図る。    
  • 東山タイム(学校裁量)や伸びたい夢(加力指導)を実施し、学力の定着を図る。      
  • 家庭学習の手引きを活用した家庭学習の習慣化と授業とリンクした学習課題の工夫を図る。      
  • Q-Uを通して児童の心の状態を把握し、学級経営に生かす。

 
 (2)四万十市研究推進校指定「英語教育」の研究実践に向けての取組       

  • 学級担任が中心となった授業づくりを研究し、教員の指導力向上を図る。
  • 新学習指導要領の趣旨・内容を踏まえ、効果的な指導方法・教材について研究を深める。    
  • 系統的なカリキュラムの実践に取り組む。     

  ※今年度は、1 年生 12 時間・2 年生 17 時間 中学年 35 時間 高学年 50 時間 外国語活動の授業を実施する。
 
 (3)健康・安全教育の充実 

  • 「食育」「早寝・早起き・朝ご飯」を推進する。
  • 生活調べを継続し、児童理解に生かす。
  • 遊具等の安全点検を全教職員で定期的に行う。
  • 各種訓練を計画的に実施する。

 
 )「総合的な学習の時間」の充実を図る

  • 体験的な学習や問題解決(自ら学び自ら考える)を大切にする学習を重視する。
  • 児童の興味関心に基づく学習を展開する。
  • 「地域と結ぶ」活動を大切にする。

 
 (5)道徳教育の推進

  • 道徳的価値の習得と道徳的実践力を涵養する。
  • 「生命尊重」や「規範意識」、「自尊感情」等の心情を大切にする授業を行う。
  • 「挨拶で始まり 挨拶で終わる 東山小学校」の推進に努める。

 
 (6)人権教育の推進 

  • 教育活動全体を通じて人権尊重の意識を高め、一人ひとりを大切にした教育を推進する。
  • 人権、同和教育についての正しい認識と理解を育む。
  • 差別に気づき、差別をしない行動力を育成する。
  • 校内支援会を定期的に行い、個に応じた的確な支援及び組織的な対応に努める。

 
 (7)特別支援教育の充実

  • 特別支援学級児童の実態を共通理解し、特別支援教育についての共通認識を深める。
  • 多くの児童との交流を大切にし、社会性を培い自立心の育成に努める。
  • 校内支援委員会の充実を図り、個に応じた的確な支援に努める。

 
 (8)情報教育の推進 ・各種通信による情報発信に努める。

  • ホームページの更新による情報発信に努める。

 
 (9)ふるさと教育の推進 ・地域に根ざした教育活動を推進する。

  • 地域の人材活用、地域学習を推進する。
  • 身近な自然や環境問題に目を向けることにより、郷土の良さに気付かせる。

 

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 0880-34-3311

FAX 0880-31-0168

受付時間
24時間受付