蕨岡小学校 学校案内

1.沿革略史

 明治8年10月  旧寺子屋を蕨岡小学校と改称する
    11年   蕨岡字口エゴ谷6685番地(現在地)に移転
    29年11月  校舎改築竣工落成
    32年 6月  伊才原分校改築落成
    44年 4月  高等科の設置(尋常科3学級、高等科1学級)
  昭和22年 4月  蕨岡村立蕨岡小学校と改称する
    29年 3月  町村合併市制施行で中村市立蕨岡小学校となる
    30年 9月  新校舎の落成
    50年 4月  伊才原分校の閉校
      5月  プール落成
    51年11月  創立百周年記念式典を挙行
    54年 5月  学校緑化コンクール優秀校表彰
     11月  全国花いっぱい優良校表彰
    55年 9月  社会福祉活動普及校表彰
    60年 4月  市指定同和教育拠点校(2年間)
 平成3年 3月  屋内運動場新築落成
      8月  自転車置き場完成
   7年 8月  ボランティア活動知事賞受賞
   9年 4月  県指定 特色ある教育課程研究推進校
    11年 4月 西部教育事務所指定 国際理解教育推進校
        「学校事務の集合化」の研究拠点校
    14年 4月 学力向上支援事業「保小中連携教育」推進校
    15年 4月  竹屋敷小学校と統合になる
    16年 4月  文部科学省指定 豊かな体験推進校
    17年 4月 西土佐村との合併により四万十市立蕨岡小学校となる
    18年11月  第1回こども教育サポート賞の受賞
    19年  4月 2・3学年複式となる。解消の為教頭が担任する。
    20年  4月  文部科学省「学校支援地域本部事業」の指定を受ける3年間の予定
    22年  4月 プール改修
    25年  1月 「第1回新聞作りコンクール大会」で金賞受賞
    26年  4月  土曜授業の指定校となる
        30年11月 高知県「教育研究実践表彰」学校賞受賞
 

2.学校経営

(1)教育方針

 教育基本法、高知県教育振興基本計画、四万十市学校教育振興基本計画並びに学習指導要領の基本理念に則り、生涯学習の基盤づくりに努めるとともに、活力に満ちた本校の伝統や校風・郷土の文化を重んじ、学力の定着と心身共に健康で人間性豊かな児童を育成するために、全教職員が協働した、活力ある教育活動を推進する。

(2)教育目標

地域に貢献できる、知・徳・体のバランスのとれた心身ともに健全な子どもの育成


「いきいき すくすく 元気な わらびっ子」
 ・自ら考え、学び合う子
 ・心豊かな子
 ・健康な子

「安心・安全」「笑顔」
 ・教育・・・学び育つ
 ・協育・・・学び合い育つ
 ・強育・・・強くたくましく育つ
 

 小学校の教育は、児童の能力や個性を引き出し、将来をたくましく生き抜いていくことができる人間としての素地を養う責任と使命が課せられている。そうした全人教育、人格形成にも関わる学校教育であることを自覚し、教育活動を行っていかなければならない。
 教職員は、学校教育目標に順応した目標を設定し、「めざす児童像」も絶えず念頭において、日々の教育活動を行っていく。
 学校は、児童のためにある。「子どもたちのための学校」をいつも基本に据え、『凡時徹底』(あたり前のことをあたり前に行う学校)、また、地域のよさをとらえ、「地域・家庭・学校が共に児童を育てる学校」づくりを推進する。

 

(3)学校経営方針

 【基本理念】

「Teamわらびおか」としての教育活動を地域と協働して展開することで、
  一人一人の児童に確かな学力と伸びを保障する。」

  

 ◎「全教職員で共通理解のもとやりきる」 (『学校全体で統一した指導』)

 

 ① 教育公務員としての使命を自覚し、絶えず研修・研鑚に努めるとともに、服務規律の
  確保に努める。

 ② 「子どものために」という視点から、従来の取り組みを絶えず見直しを改善を図り、
  児童の望ましい変容を促す。

 ③ 基礎的・基本的な知識・技能の確実な習得と、それらを活用し、思考力・判断力・表
  現力等をはぐくむ授業づくりに努める。

 ④ 規範意識に支えられた共感的な人間関係を構築するとともに、心の居場所となる温か
  な学級づくりに努める。

 ⑤ 学校・家庭・地域が連携し、基本的生活習慣の確立及び安全指導の徹底に努める。常
  に危機感を持ち、迅速に対応する。

 ⑥ 児童生徒間の交流・職員間の交流、学習・生活ルールの共通理解等、つながりを重視
  した継続的な保・小・中連携に努める。

 

(4)めざす学校像

 ◎ 『凡事徹底』・・・「時」を守り、「場」を清め、「礼」を正す

   ・「時間」「約束」「決まり」

   ・「掃除」「整理整頓」「服装」

   ・「挨拶」「言葉づかい」「マナー」

 ① 明るい学校(元気なあいさつ、笑顔あふれる学校)

 ② 楽しい学校(仲間を大切にし、助け合い、共に学び合う学校)

 ③ 美しい学校(花に囲まれ、掃除の行き届いた学校)

 

(5)めざす児童像

 ◎ 『笑顔いっぱい 夢いっぱい つながり合う わらびっ子』

 ① よく考え生き生きと学ぶ子 (知)

 ② 思いやりがあり正しく進む子 (徳)

 ③ 心身を鍛えすくすくと伸びる子 (体)

 ④ 夢を持ち一歩一歩努力する子  (キャリア)

 

(6)めざす教師像

  ◎ 『学び続け、範を示せる教師』・・・教育公務員としての自覚と誇り

『凡事一流』・・・「当たり前のことは当たり前に」を徹底して実践することが、一流への近道である。継続は力なり。

  

  児童の人間形成に直接関与する人間としての責任を自覚し、人間尊重の精神に基づいた学校づくりに努力する。また、公務員としての不正や服務違反が後を絶たず、社会から信頼を失うことが多い現状がある。「学校の常識は世間の非常識」との批判も耳にする。服務の厳正に努め、全体の奉仕者としての自覚を持って職務を遂行する。

 ① 子ども理解に努め、個々の力を伸ばせる教師

 ② 同僚の動きを察知し、協働し学び合う教師

 ③ 報告・連絡・相談を徹底し、組織としての動きを尊重できる教師

 

『職員室がいい雰囲気であること』

・「先生たちが明るい」

・「先生たちと話がしやすい」

・「先生たちの仲がいい」

 

≪教育目標具現化にむけての重点目標≫

1.学力の向上と基本的生活習慣の確立

○授業時数の確保と指導方法の工夫改善による「わかる授業」の創造に努める。
○学習規律の定着、家庭学習の手引を活用する。
○学習の基盤ともいえる基本的な生活習慣の定着を図るために、家庭と連携した共育を推進する。

2.人権教育の推進

○年間指導計画に基づき効果的な指導法や授業の工夫改善に努める。
○全教育活動を通して、人権問題の正しい理解と実践力の育成に努める。
○互いに認め、支え合い、高め合う集団づくり(仲間づくり)を推進する。
 

3.道徳教育の推進

○道徳の授業の充実を図り、全教育活動を通して、道徳的実践力を育てる。
○豊かな体験活動の充実を図る。
 

4.特別支援教育の推進

○自立、共生を目指した教育を推進する。
○支援の必要な児童の実態把握を行い、個に応じた指導を充実させる。
 

5.キャリア教育の推進
○わらびっ子集会において、さまざまな方の講話・交流をすすめることによって、「夢」や「志」を喚起し、学ぶ意欲を引き出す。
 
6.体力づくりと健康安全教育の推進

○一年間通した朝マラソンの実施。(雨天時バービー体操)

○柔軟性の運動を体育時間の準備運動段階に入れる。

 

7.読書教育の推進

○主体的に読書をする児童を育てる。

 

8.地域や施設との交流学習の推進

○福祉活動を通して、高齢者や障害者の立場に立って考える児童を育てる。

 

9.国際理解教育の推進

○外国語を用いてコミュニケーションを図る楽しさを体験する。

○異なる文化を持つ人々との交流を体験し、文化等の理解を深める。

 

10.環境の整備と美化活動の推進

○校舎内外の清掃指導の徹底を図る。

○美しい学校づくりを推進する。
 

■交通・アクセス

Google Maps を読み込めません。管理画面で正しい住所が設定されているか確認してください。
 
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 0880-32-1128

FAX 0880-32-1128

受付時間
24時間受付